古くて床下が狭く、湿気がたまりやすい環境は注意が必要です。

シロアリが好む場所

 

シロアリが好む場所は湿気が多く食料があり外敵がいない場所です。
シロアリが出やすい場所と特徴をまとめました。

 

 

床下

発生場所の定番のひとつで、被害がもっとも深刻になりやすいです。大きな巣穴を作るイエシロアリが発生するケースも多く、基礎の木材を食料にされるため、最悪建て替えが必要な状況にもなります。特に古くて床下が狭く湿気がたまりやすい環境は注意が必要です。

 

 

 

お風呂場

最新のユニットバスはエサが少なく隙間もないため発生しにくいですが、古い家はお風呂場にシロアリが大量発生するケースが多数あります。

 

シロアリのいる浴室

水の宝庫ですし、水で流されるリスクがあっても働き蟻が犠牲になる分にはおかまいなしに侵入してきます。

 

お風呂場でシロアリが出て放置すると、お風呂馬の床が抜けたり、下の基礎部分が腐食するなど大きな被害に発展しやすいです。

 

 

キッチン

シロアリはクロアリとは異なり、ゴキブリの1種です。食べ物の残しカスには反応が薄いですが、水気があるキッチンは好みますし、キッチンの床下は適度に木材が腐食していて絶好の住処になります

 

 

トイレ

比較的新しい家での被害も増えています。床に尿がこぼれることもありますし、洗面所やトイレ備え付けの手洗い水道があれば水分の確保には困りません。

 

 

限界

玄関は床から近く、木材も豊富です。
雨の日に人が出入りした際の水分の残りもありますし、侵入が容易で屋外からも水分調達が可能です。天気がよくない日や夕方などに打ち水する行為はシロアリを呼び寄せるようなものなので控えましょう。

 

 

1階に水回りがある家はターゲットにされやすい

近年はリビング、キッチン、お風呂などが2階にある間取りの家が増えていますが、シロアリ対策の観点では2階にあった方がシロアリ被害にあいにくいです。

 

シロアリは床から近い場所を巣にすることが多く、キッチン、お風呂場などの床下を好みます。

 

主要な水回りが2階にある時点で、リスクは少なくなりますが、それでも1階にあるトイレなどわずかな水分を狙って侵入してくるケースもあります。

 

また、2階にリビングを設置する家の特徴は、日当たりの悪さを補う目的にしていることが多いです。

 

家の中は平気でも、日当たりが悪い家の外側や基礎付近にシロアリが巣を作るケースもあるので注意しましょう。

 

 

結局はどこでも現れる

シロアリはゴキブリと同じで発生しやすい場所は決まっているものの、生命力は強く、人間の目線では完璧に綺麗にしていたと思っていても、わずかな水分や餌で生き残ることができます。

 

シロアリが好む環境が家にはないし、掃除もしっかりしているので、うちなら安心と軽視しないことも大切です。

 

水回りだけではなく、寝室や屋根裏なども定期的にシロアリがいないか点検しましょう。